11月 4, 2015

EDの症状に悩んでいる男性は、国内でも1000万人を超えると推定されており、今や見過ごせない問題となっています。 こうしたEDの症状については、女性に対する気後れ、あるいはうつ病などの心理的な原因によって生じるものと、血管や神経などの異常によって生じる器質的な原因によって生じるものとがあり、しばしば両者が複合して起きるということがあるため、治療方法も単純ではありません。 最近では肉中心の食生活や運動不足、過度の飲酒や喫煙などによって、生活習慣病にかかる人が増えてきており、実はこれにともなう動脈硬化が性器に十分な血液を送り出すことをさまたげ、EDの原因になっていることもあります。 こうした器質性のEDに対しては、外科手術によって血管にかかわる障害を改善する手術療法がとられることがあります。 具体的には、詰まっている血管を迂回するように別の血管をつなぎあわせてバイパスをつくったり、カテーテルとよばれる細い管を通して狭い部分を拡張するといった方法をとります。 しかし、こうした手術療法は唯一の解決策というわけではなく、現在では器質的な原因に対して効果のあるED治療薬が登場しており、その服用によって症状が改善する場合もみられます。 ED治療薬としてはシルデナフィルという成分を配合したものが知られており、これは性行為の前に決められた錠数を口から飲むことによって、性器の血管を拡張し、性器全体に血液がスムーズに流れるようにすることを意図したものです。 器質的な原因のほか、心理的な原因によってEDの症状が発生している場合についてもシルデナフィルは有効であるため、原因が複合しているケースではより適切な効果を発揮するといえます。 [...]
Read More »

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme