1月 14, 2015

薬というのは使用法を間違えると体に害を及ぼすこともあります。 特に大人にとっては問題ない薬でも、子供が使用するととても危険なことが少なくありません。 例えば、バイアグラといえば今では多くの人が知っているED治療薬ですが元々は狭心症の薬として開発されたものです。 2歳児と言えば家の中を自由に動き回る年齢であり、大人が見ていないところで色々と悪さをするものです。 時にや誤って大人が服用する薬を口にしてしまうということもあるでしょう。 大人でも使用上の注意を守らないと副作用などが心配な薬ですが、2歳児がバイアグラ服用した場合にはとても危険なことになります。 大人でも使用料を抑えて半分にしたりしてから服用することもあるぐらいなのですから、子供がそのまま服用してしまうと薬の影響を強く受けることになります。 バイアグラは青色の錠剤なので子供の目をひきやすく、半分に割って使用することが多いのでつい残ったものをその辺に置いたりしがちです。 使わない時には必ず子供の手の届かない位置に救急箱などを置いて、その中で保管するようにしましょう。 もし誤って飲んでしまった場合には一刻も早く病院で正しい処置を行ってもらうことが大切です。 [...]
Read More »

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme