血液を改善する仕組みがあるシルデナフィル

シルデナフィルは、勃起不全を改善する作用があるED治療薬の一つです。
もとは狭心症治療薬として開発されていた薬です。
しかし、狭心症への効果はほとんど見られず、勃起が促進される効果が現れることがわかり、ED治療薬として販売されました。
フィルデナフィルの成分であるクエン酸シルデナフィルは、5型ホスホジエステラーゼの活性を阻害し、環状グアノシン一リン酸の分解を予防することにより、血液を改善する作用があります。
これにより、勃起不全を解消することができます。
このクエン酸シルデナフィルはED治療薬としての効果だけでなく、その他の病気などにも効果を発揮することができます。
慢性心不全や肺高血圧症などに対して、クエン酸シルデナフィルの血管拡張作用が効果を発揮します。
他にも、子宮内胎児発育遅延を改善する可能性も挙げられています。
シルデナフィルによって、子宮血流を増加させ、エストロゲンによる血液拡張を増強する作用があるためです。
母体や胎児に影響を与えることなく、こうした効果を得られるとされています。
また、受精時において膣内に投与したところ、ナチュラルキラー細胞の活性と子宮内膜が厚く変化し、受精率に好影響を与えることができると考えられています。
これにより、不妊治療薬としても用いられる可能性があるとされています。

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme