うつ病が原因のEDはシルデナフィルだけで治せる?

シルデナフィルはEDの症状に対して広く対応することができ、これだけでEDを解決することができたというような人も多くいます。
世界各地で使用されているだけあって実績も豊富であり、安全性についても高いレベルが保たれているということで、ED治療薬の中では頭一つ抜き出た人気を誇っています。
そうしたシルデナフィルではありますが、服用前に誰もが考えるのが「果たして自分に効果はあるのだろうか」というところです。
これについては実際に飲んで見ないとわからないというところもあるのですが、ではうつ病の場合はどうでしょうか。
このうつ病という病気によって発症したEDの場合、それは大きく分けて二つに分けることができます。
まず一つ目となるのが、自律神経を失調してしまったために血流がうまくコントロールできず勃起状態を維持できないケースです。
この場合はシルデナフィルによって血管を拡張し、血流を促すように働きかけてやればかなりの範囲で改善が見込めると考えて良いでしょう。
むしろシルデナフィルは血管を拡張する作用が主なのですから、こうしたことが原因となってEDになっている人こそ服用するべきであると言えます。
しかし問題になってくるのがもう一つのケース、つまり精神的なストレスなどが原因となってEDを発症しているケースです。
この場合、肉体的にはもともと問題が無いのに精神が勃起をしないようにする、勃起状態を維持できないようにするということがそのメカニズムです。
この場合、シルデナフィルが効果を及ぼすまでも無く肉体は本来の機能を有しているのですから、服用しても意味は薄いと言わざるを得ません。
そのため精神的なことが原因となっているのであれば、シルデナフィルよりもメンタルケアを重視するべきでしょう。

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme